仮想通貨大暴落2018年1月16日のときの対応と損切りは必要か?

昨日、仮想通貨の大暴落がありました。
ビットコインやその他の仮想通過がほぼ半額になりました。
買いたい人にはバーゲンですが、
保持している人にとっては資産や含み益が半分になる大惨事でした。

ですが私は含み損にはなったものの別に気にしませんでした。
ここぞとばかりに底値で買いました。

大暴落時はどうする?

大暴落時に必要になるのがメンタルの強さと一般的には言われますが、
そんなもの必要ないと私は思います。

損切りすることも必要ないと思いますので、
東京オリンピックまで保持していれば良いと思います。

それ以上に買いだめしていくことの方が重要です。
そのときに必要なのが、

仮想通貨に対する圧倒的な信頼感。

これがないと底値で買えません。
大暴落時に買いを入れる行為は、落ちてくるナイフを素手で受け止める感じになりますので、
腕の一本くらい捨てる覚悟じゃないと買えません。

SNSの反応

余裕資金で

それには仮想通貨をいうまだだれも確信が持てないものに投資するわけですから
余裕資金でやることをおすすめします。
生活資金100万円しかない中でご飯代を削ってやるものでもありません。
その場合、含み損になったら損切りしようと思ってしまうと思います。
私はあくまで長期保有なので、損切りはしません。
その代わり、安い時にちょこちょこ買いだめしています。

大暴落時の翌日

大暴落時の翌日は結局は半値くらいは戻します。
なので買いは全然間違いじゃないです。
底値で買えた人は翌日に利益が出ています。

またたまに大暴落時の翌日にまた大暴落が起きることもあります。
そのとき用に1回目の大暴落に全額を突っ込むのではなく、
2回目もあると考えて、資金は取っておきましょう。

2回目の方が落ちるのが大きいのでそこの底値で買えれば
あとは放置でかなりの利益がもっと出せるはずです。

まとめ

2018/1/17の大暴落はニュースにもなりました。
ここで多くの人が仮想通貨をパニック売りしました。
その影でこっそり買いだめできる人が勝てる人です。
小額でも良いのでまずは底値で買えるよう練習しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。