コインチェックCoincheckで仮想通貨NEMが600億円流出の謝罪会見の内容

本日コインチェックCoincheckで仮想通貨「NEM」が600億円流出してしまった謝罪会見がありました。
会見はテレビでは放送されずに「AbemaTV」で放送されていましたので、
その内容を自分なりにまとめたいと思います。

600億円流出とは?

正確には580億円らしいのですが、仮想通貨はこの世界に何千種類とあるのですが、その中でもビットコインが有名ですよね。
主要通貨の中で仮想通貨「NEM」というのもありました。
その仮想通貨「NEM」がCoincheck(コインチェック)という販売所にハッキングされて580億円持っていかれてしまったとのことです。

ハッキングされた内容は「NEM」は日本円との売買になりますから、最終的には「NEM」の取引所に置いておいた日本円が盗まれたのだと思います。

ユーザーは日本円を売って「NEM」を買います。
ということはユーザーは最終的に「NEM」を持っているわけです。日本円は持っていません。
もちろん取引所では反対売買するユーザーがいてこそ売買がなりつので、「NEM」を売って円を持っているユーザもいますが、
今回のハッキングは取引所ではなくて販売所と言っていました。

つまり、ユーザーと販売所間の取引なわけですから、販売所には大量の日本円があったはずです。
顧客のアカウントからというよりはCoincheck(コインチェック)側のサーバーに侵入して、
「NEM」と交換した分の販売所の日本円600億円を持って行かれたということでしょう。

「NEM」を持っていかれるということはないと思います。
だって仮想の通貨なんですから持って行きようがないわけです。

じゃあ保障されるのでは?

保障はされるみたいです。

ただ保障の仕方が、

1.日本円での保障
2.「NEM」での保障
3.元通りのハッキング前の状態に戻す

などいろいろあるのでそこは今後検討するとのことでした。
Coincheck(コインチェック)を使われている人は、一安心じゃないでしょうか。

ちなみに会見では「セキュリティが甘かったんじゃないですか?」と怒号が飛び、
取締役の大塚雄介氏が涙目になるシーンもありました。

Coincheck(コインチェック)側としては他社よりもセキュリティが甘かったことは一切ないと言っていましたので
もしかしたらそうなのかもしれないですね。

ということは、「じゃあビットフライヤーも?zaif(ザイフ)も?GMOコインも?」
ということでみんな怖くなって投げ売りが開始されました。
(私はしっかり底値で買い取らさせて頂きました)

でも会見中は

「今後Coincheck(コインチェック)はどうなるんだろう・・・」
「仮想通貨、大丈夫かな?」

この不安が徐々に解消されたのか、爆上げでした(笑)

今後の仮想通貨はどうなる?

今後の仮想通貨はどうなるのかはわかりません。

でもみんな売ってくれてパニック売りでありがたいです。
私は安い時にコツコツ買いだめしていきます。

だって、仮想通貨ですよ。
絶対に革命ですもん。

銀行が最近再編の動きを見せていたり、社員数削減なんてやっているのも裏では
「仮想通貨」をかなり意識していると思います。

銀行間送金なんて手数料かかると思うのですが、
これ、仮想通貨でやり取りすれば無料ですもんね。

もし仮にみずほ銀行に日本円10万円持って行って、
UFJの口座に送ってくれって言ったらいまは300円くらいはかかるのでしょうか。

これが仮想通貨なら銀行内で日本円をいったんビットコインにして、
UFJにビットコインで送金すればいいんです。
それをUFJ側でビットコインから日本円に戻せば手数料ゼロ。

これを銀行はやろうとしていると思います。

なので自分たちの生活に見えない形で仮想通貨が使われる可能性があります。

これって革命と思うか思わないかはあなた次第です(笑)

仮想通貨を始めるなら手数料が一番安いzaif(ザイフ)がいいと思う

自分は主にzaifです。
さすがにCoincheck(コインチェック)は今は・・・(笑)

って人もzaifも人気ありすぎて口座作るのに2週間くらいかかりますから
今のうちに申し込めるだけは申し込んでおいた方が得策です。

zaif(ザイフ)申し込み先

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。